【ファッション】トレイオンシリーズの紹介!【キャストパーツ紹介】

挨拶用画像13
こんにちは、新コスチュームにノリノリのtseriです!
この記事ではキャストパーツのトレイオンシリーズを紹介したいと思います。

パーツ紹介記事は初めてですが、『買おうかな……』と考えている人や『何か出た!』と思っている人の参考になれば幸いです。
自分なりに考えたパーツの組み合わせ例なども紹介していきますので、よろしくお願いします。

 

トレイオンシリーズとは?

収録スクラッチ

トレイオンシリーズはACスクラッチ『ビークルフォーマーズ』で登場したキャスト男性用のパーツです。(スクラッチカタログはこちら
ビークルフォーマーズはこの記事を書いた時点で退場寸前なのですが、最近の傾向からして半年以内にはCVになって再録されると思います。

実際の見た目

トレイオンシリーズを純正で組むと、見た目はこんな感じです。
トレイオンシリーズ1
スクラッチのモチーフは『乗り物』とのことで、見るからに新幹線な見た目をしていますね。
PSO2で新幹線と言えばトレイン・ギドランですが、まさにギドランのコスプレと言った感じの見た目です。窓までついているので、ところどころネタパーツに片足を突っ込んでいる気もします。せめて腕の新幹線は前を向かせてほしかった……

しかし、新幹線そのままの部分を除外してみると、意外にも王道の形をしています。
ゴリゴリの戦闘用ロボットというよりは、子供向けのアクションフィギュアのようなイメージ。乗り物が変形するロボットといえばヒカリアントランスフォーマーが有名ですが、どちらかと言えば戦隊ロボって感じでしょうか。武器ではセイガーシリーズとかは似合うと思います。

ヘッドレッグは新幹線色が弱いので、なかなか使いやすいです。
ヘッドは細身の流線型で、スピード感があります。イケメンかつSF感が強いので、汎用性も人気も高いと思います。
レッグはかなり大型ですが、モモは細めになっています。なので、やや太めのパーツを使えば細身の組み合わせにも使えます。

後ろからの見た目はこんな感じ。
トレイオンシリーズ1@
正面からだと丸く尖った新幹線のヘッドが目を引きましたが、後ろからは車両のような四角い形が目立ちます。明らかにドアっぽいパーツも……

大まかな取引相場

上記の通りヘッドレッグは汎用性が高く、既に高額になっています。特にヘッドは一度使うと売れないので、今後もガンガン高騰していく危険が大です。

一方で、アームボディは新幹線っぽさが強く、かなり安く取引されています。

 

トレイオンを使ったアレンジ・組み合わせ例

以上がトレイオンシリーズの基本的な紹介でした。

ここからは、自分がトレイオンシリーズを使って作った組み合わせ例を紹介していきます。

ヘッド+ボディ+レッグを使ったアレンジ例

ジェット機風

アームにローロックを使用し、ジェット機にジョブチェンジ!
トレイオンシリーズ5
ローロックシリーズのモチーフは『音楽』だそうですが、どう見てもジェットエンジン。
トレイオンシリーズのヘッド・ボディ・レッグは全て前後に流れのある形をしているので、前後に流れのあるアームと好相性です。というか元のアームがコスプレに見えるのは流れが死んでるから……
トレイオンは全体的に大型なので、そう言った点でもローロックはオススメのアームです。

着色で大空へ!

トレイオンシリーズ5@
旅客機イメージで白+純色ベースにしましたが、戦闘機みたいに黒っぽく塗ってもカッコイイかもしれないですね。

ヘッド+レッグを使った組み合わせ例

主人公ロボ風

ボディとアームを王道にすることで、一転して主人公風に!
トレイオンシリーズ2
ドラクレスアームはシンプルなフォルムなので、中型で汎用性の高いパーツです。剣のように鋭い意匠から、トレイオンヘッドとの相性はなかなかのもの。
ここで鋭い上半身ゴツいレッグとの調和を取ってくれるのが、ローロックボディ。ローロック自体がかなりの大型シリーズなので、このボディもさりげなく前後の幅が大きく、トレイオンレッグの流れを上手く活かしてくれます。

全体的に下半身が重いので、ソードなど大型の武器を持つと良い感じにキまると思います。

着色で力強く!

トレイオンシリーズ2@
純色のオレンジ主人公感を出しつつ、太い足先がちょっとナマイキな感じなので、白を無くして黒とのツートーン力強く
正直、こういう主人公風ロボは真っ黒にして赤いライン入れれば強そうに見えます。なので2か所黒にしてしまうのは安直と言うか、中学生っぽくてアレなのですが、やっぱりカッコイイので採用。

ちなみにボディもトレイオンのままだと……
トレイオンシリーズ2@2
……意外とイケますね。
ドラクレスアームの腕部分が四角いので、割とそのままでもトレイオンレッグとのバランスは取れるのかもしれません。

レッグを使った組み合わせ例

ガンアクション風

四角い箱にレッグの出張で、一気に動きのあるフォルムに!
トレイオンシリーズ3
初期選択の箱型・ディスタシリーズにトレイオンレッグを挿しただけ。四角いパーツ感は継承しつつ、元のパーツよりも腰から足先に向かって流れがあるので、アクティブな印象になりました。

元のディスタシリーズはホバーで射撃職……と言った感じでしたが、これなら打撃職もいけそうです。PSO2にアックスやハンマーが無いのが残念なところ。

着色で野戦仕様に!

トレイオンシリーズ3@
黒寄りの濁色で、ミリタリーなイメージに。
こう見るとやっぱり射撃が得意そうですが、ナックルも結構泥臭くて良い感じになりそうです。

純色だとあまり感じませんが、多くのキャストパーツは深い濁色を使うと、かなりメタルな質感が出ます。ただし、真っ黒にしてしまうとマットな感じになってしまうので、メタルっぽくしたい場合は少しでも別の色を混ぜた方が良いですね。

ヘッドを使った組み合わせ例

鉄の戦士風

細身+トレイオンヘッドは戦士の気風
トレイオンシリーズ4
トレイオンヘッドの鋭いフォルムは、軽装では安定のカッコよさを発揮します。格闘家のようなヴォグルスアームと組み合わせれば、細身ながらも力強いイメージに。
他のアームやレッグにすれば、また別のイメージにすることもできそうです。

着色で武士に!

トレイオンシリーズ4@
少しだけ赤に青白に黄色を混ぜ、和風のカラーリングに。
あまり和風に寄せ過ぎるとトレイオンヘッドが浮くと思ったのでやめましたが、サイハジンシリーズなどは細身ながらかなり高い和風力を持っているので、そういった組み合わせも可能です。
トレイオンヘッドはSFチックな見た目ですが、アゴとかは結構和風の甲冑っぽいんですよね。

アーム……は少し難しいかもしれない

アームの出張例も作ってみたんですが……すみません、迷走しました。
トレイオンシリーズ6
もうなんだか何をしてもトレイン・ギドランのコスプレにしか見えないので、開き直って列車列車しようとしたんですが、それもなかなか難しい。
結局どっちつかずの良く分からないイメージに……
一応言えることは、直線の多いパーツと相性が良い、という程度でしょうか……

トレイオンアームが好きな人にはすみません。アドバイスを頂けると嬉しいです。

 

トレイオンを使って自分のコスチューム作り!

やっぱりヘッドには勝てなかったよ!

トレイオンシリーズ7
結局ヘッド放り込むのかよ! という突っ込みが聞こえてきそうですが……すみません、やっぱりトレイオンヘッドはカッコイイです。
自分は主にハンターヒーローを使うので、ヘッドそのままの細身のフォルムよりは幾分か太い、バランス型のフォルムにしました。
ヘッド+レッグも悪くないんですが、どうしてもパーツは全部違うのを使いたくなっちゃうんですよね……謎のポリシー。

上でもアームを使っていますが、ヴォグルスもなかなか汎用性の高いパーツが多く、便利なシリーズです。
バルドルはボディだけやたらと細いのですが、細すぎて細身との相性はイマイチに感じます。今回は、トゲトゲしいイメージを出すアクセントとして採用しました。

着色も自分好みに

トレイオンシリーズ7@
上のオレンジ+黒に近いですが、黒の1つを紫がかった濁色にして、質感をマットに。ジョイントっぽい感じになるので、バルドルボディと好相性……だと思います。

 

最後に

トレイオンシリーズの紹介、いかがだったでしょうか。
個人的には大満足の新コスチュームも完成し、やっぱりパーツいじりは楽しいなぁと実感しました。

自分もそれほど多くのキャストパーツを持っているわけでもなく、まだまだ修行が足りていないと思いますので、アドバイス等ありましたら、お気軽にコメントを頂けると嬉しいです。

皆さんも、レッツ・キャストパーツ!
挨拶用画像14

  にほんブログ村 ゲームブログへ

この記事にはまだコメントはありません。

コメントする!

名前が未入力の場合"匿名"で表示されます。